エコカー
エコカー

更新情報も兼ねた、徒然日記。アフィは一切ない、完全自己満足のブログ

新年あけましておめでとうございます。本年も鷹嶺創書院を宜しくお願いします

DEEN ギター、愛称「巨匠」こと田川伸治氏脱退についての緊急起稿 テイルズオブシリーズに出会えた切っ掛けをくれたDEEN 丁度、鷹岑はいまプレステ4で、「テイルズ オブ ベルセリア」をプレイしている。本当ならば、前作であるゼスティリアで打ち止めだったはずだが、いわ ...

別冊少年マガジン 2018年第2号の感想と考察記事 アリシアさんのダイエットクエスト 藤原あおい アンケート投票対象作品/一番面白かった作品 ライアンじゃなくても、「俺、勇者辞めるわ」てなるよなそりゃw 「倒れるだけで腹筋ワンダー~~」に大爆笑。さり気なく、 ...

週刊少年マガジン・2018年第6号(年始第1号)の感想並びに考察記事 五連β星、機転を以て風太郎を扶け、好感信頼値のボーダーラインをクリアせしめ  三浦介糀、師弟ラブコメを能く描かんと欲するも肝心肝文を逸し、読者の末端鷹岑が諫言上疏に及ぶこと 五等分の花嫁 春場 ...

週刊スピリッツ、同ヤングマガジン 2018年第6号 感想及び考察 ジャガーン 金城宗幸/にしだけんすけ 第40話「ぬるい」 国会前デモや沖縄の反基地運動などを直接的に皮肉っているわけではないんだろうが、散春のやろうとしていることは全面的におかしいと思えない、 ...

毒親という定義。抑圧された不満と孤独、静一に依存した歪んだ自己投影 ▼血の轍 第2集 評価★★★★★ 『惡の華』のその先へ!という謳い文句から始まった、ある意味行き過ぎた母子関係を描いた押見流サスペンスドラマの第2集。 第8話から第15話を収録されているのだが、 ...

週刊少年マガジン・2017年最終号(2018年4・5合併号)の感想・考察 三浦介糀(みうらのすけこうじ)、満を持し出撃するも突出したサービスカットとライバルキャラを終盤に出し急ぎ主人公の肉付けに間に合わず  八畳公、楽神に近きハイテンションの維持・読者疎通に暗雲を漂 ...

週刊スピリッツ、同ヤングマガジン 2017年最終号(2018年4・5合併号)の感想 猫のお寺の知恩さん オジロマコト 第54回「猫とコタツと知恩さん」 別天地・炬燵をテーマとしたマッタリ系。はしゃぐ知恩に源。脚でふざけ合っているうちに源の脚が知恩の胸に触れてミカンを ...

悲しみのクリスマス 作詞:鷹岑 昊 参考楽曲:メリークリスマスが言えない(稲垣潤一) 凍える夜にきらめくシリウスの光は いつか傷を癒すだろう 街を飾るイルミネーション 涙ににじんだ夜も やがて想い出に変わるだろう あの日望んでいた安いリング もう手渡せないのさ ...

「レンタル彼女」に矜恃を持つ水原千鶴、木部芳秋の諷諫に公私の境界を迷霧に見喪う ▼彼女、お借りします 第2巻 評価★★★★★ その出逢いは「レンタル彼女」というシステム。元カノに突然フラれて傷心の主人公・木ノ下和也が慰めにと利用した風俗業「レンタル彼女」で ...

鮮明化する春場流。多ヒロイン型のジンクス・難問を活かし、絶妙な均衡で埋没を防ぐ ▼五等分の花嫁 第2巻 評価★★★★★ 「ヒロインは何と五つ子!?」個性豊かな五つ子の美少女に対し、主人公・上杉風太郎に課せられた至上命令は、家庭教師となって全員無事に卒業さ ...

このページのトップヘ