875
・賢宗、旧ボンモール地方の地租改正を厳越に命じる(オラクルベリー蔡家秘伝)
・第三次スタンシアラ沖地震(サントハイム島津家文書)
・元スタンシアラ国主順帝の子董淵が権太政大臣に陞叙(サントハイム島津家文書)
・ブランカ国王行文帝崩殂。西文懿が践祚次いで即位(西文家文書)
没/行文帝西文健(46)
876
・キングレオの功臣光神高経薨去。子直経が太政大臣、嫡孫晴経が権右大臣にそれぞれ陞叙(光神家家譜録)
・島津忠孚が病に倒れる(サントハイム島津家文書)
没/光神高経(74) 陽国徳(76)
877
・八勇者最後の一人クリフト(前サントハイム国王哲宗島津忠孚)が城内で崩殂(八勇者クリフト伝)※7
・エンドール王賢宗が城門にアリーナの銅像を建造させる(オラクルベリー蔡家秘伝)
・太政大臣光神直経、病のために嫡子晴経に家督を譲る(光神家家譜録)
没/クリフト(80)
※7 クリフトの死 …… デスピサロを討伐して世界に平和をもたらした八人の勇者の中で、一番長生きをしたクリフトは、877年に隠遁先の王城北の第宅で遂にその生涯を終えた。
勇者の中で抜群の知謀を持って勝利をもたらしたクリフトは、生存中勇者達の功績を語らない日はなかったという。その遺言によって国葬は回避され、遺体はアリーナと共に眠った。
クリフトの死によって、八勇者は名実ともに伝説となってゆく。