週刊少年マガジン2018年36,37合併号の主な作品の諸感想並びに考察記事

学傅司徒五星諸文事(五つ子の家庭教師)・中野家牧上杉風太郎、辞任に際し五連星への遺薫と謝意を遺し
 中野一花、胸中の秘策を以て赤貧廉潔の士の学傅復職を画すこと


五等分の花嫁 春場大介(はるばのおおすけ) ねぎ

第49話「七つのさよなら⑪』 / 評価★★★★★ / アンケート投票対象 / 一番面白かった作品 / 購入動機対象

中野家当主にたいする痛諫を直言し、家庭教師(学傅)辞任を望んだ上杉風太郎。五連星の誰か一人にでも、特別な想いを寄せていたのならば、悲惨な事になっていただろうが、そこはさすが赤貧廉潔の士と評される風太郎。あっさり過ぎるくらい、五連星の際立った成果を得られることない事の事実を認めた上で、君命に対し、厳しい痛諫を投げつけた上で、辞任(解任よりも先手を打った)した。
その事実を執事・江畑から知らされる五連星。惘然となるのは、やはり風太郎に想いを寄せる一花と三玖。冷静さを持つようになった二乃。そして、全てのことに真面目でありたい五月のモヤモヤ巻が、よく伝わる。

上杉風太郎はカンニングペーパーを装ったもので、二度と五連星に触れられないことへの思いと、彼女らの可能性を大いに語る。
風太郎の学傅復職に懸ける中野一花が胸中温めていた秘策とは何か。
中野家当主による風太郎出禁厳命という、非常に浅はかな小人ぶりを見せつけられた上で、一花達は、上杉亭に厄介になるか、新しい小さな庵を構えてそこに移ろうとでも言うのだろうか。風太郎めいっぱいの謝辞
執事・江畑が見守る中で、五月が風太郎辞任の深層と復帰を模索するのか。風太郎はそれを固辞するのかが見所である。三玖が言う、「フータローなしじゃ、もう……」では、多分、風太郎の再招聘はないだろう。五連星の潜在的意識、寂寥感を感じているからこそ、風太郎は、痛諫を呈した。それに他する、中野家当主は、風太郎の出禁という狭隘さを露呈。
風太郎はいずれ中野家当主が改悛するだろうという展望があって痛諫したのではない。五連星に対して、恋愛感情を持たなかったこの赤貧廉潔の士だからこそ、出来た衷心からの痛諫なのである。

時は移り、聖夜。五月がアルバイトとしてクリスマスケーキの売り子姿の風太郎に遭遇。しかし、風太郎の仕事は破格の値で雇われていた家庭教師とは比較にならないほどであるくらいは察しが付く。
しかし、学傅再任を嘆願しても、風太郎は固辞するだろう。そして、風太郎は恋愛抜きで、五連星を案じているから、惹き込まれて行くのだろう。
どうしても、風太郎でなければならない。五連星による三顧の礼が、今始まる。

ドメスティックな彼女 流石組

第197話「再会」 / 評価★★★ / アンケート投票対象

流石組も判っているでしょうが、種は無反省、裁判員制度の中で種の屁理屈を問うたところで、10年以上の実刑は確実。執行猶予は、弁護士次第?? 私人警察(小川亮氏)出番です。
まあ、でも陽菜との関係を知っていて、海外留学(自分の夢)を先行させたのだから、瑠衣はあとは黙って海外に行け。

彼女、お借りします 宮島 礼吏

第54回 番外編「桜沢墨かんさつにっき」 / 評価★★★★ / アンケート投票対象

〝負けヒロイン〟桜沢 墨主役のオムニバスとして描かれたのだが、どう考えても負けヒロインの彼女に焦点を当てる意図が解らない。でも、墨が可愛いので評価高し。


今週号で面白かった作品5つ
① ドメスティックな彼女
② 五等分の花嫁
③ 彼女、お借りします
④ 男子高校生を養いたいお姉さんの話
⑤ 陽子さん、すがりよる。
一番面白かった作品
五等分の花嫁
読んでない作品
ランウェイで割ろうて
購入動機対象作品
五等分の花嫁
動画サイトについて、一番利用する無料動画サイトはどこか
ようつべ
一番利用する有料動画サイトはどこか
有料サイトは利用しない
よく見るコンテンツを2つ
音楽ビデオや音楽/ドラマ
動画サイトをどんなデバイスで見ているか
デスクトップPC
利用時間は1日どの位か
30分以上~1時間未満
動画サイト(生放送含む)に投稿したことはあるか
ない
グラビアについて。もう一度見たいと思うか
いいえ
合併号についての満足度
普通
その他の意見について
五等分のサービスに惹かれたが、止めた。電子版読者との差別化を図ろうとしている魂胆が見え透いていてハマる必要性は無いと判断。
そこまでして紙媒体を売りたい理由は何なのか。何か機会があればぜひ、お聞かせ願いたいものです。