週刊少年マガジン 2020年第25号 感想・考察記事

ドメカノ、不随に山梔子(くちなし)とばかりにナツオ、ルイ共に大いに勝手次第に五年の時間を経て恥もなく
 郭公、メインヒロイン中旋帯・幸が満を持して参戦し、ここに恋域大戦の構図が固まる


カッコウの許嫁 / 吉河 美希

正二品・使持節・司徒散騎常侍・驍騎大将軍・都督許嫁恋域諸軍事・総督戀愛中外諸事務・六合戀愛節度使・督戀譚總百揆

評価★★★★★ / 面白かった作品 / 一番面白かった作品 / 購入動機対象作品

第16話「腹を据えて人と向き合うべし!!」

以前、エリカがひろを共同住居に招いた際に電話やLINEが繋がらなかったと言う経緯から、確実な伝達はメモが良いと、手書きのメモを残してゆくエリカが良く気が利く子だなと更に好感度上昇。エリカの思わせぶりな台詞に勉強に集中できない凪。人はそれを恋の始まりだと云う。
そうした中、凪の妹・幸がエリカから貰った〝一張羅〟を着てエリカに会いに来るが、エリカは出かけていて不在。がっかりした幸はいつものように凪の部屋着に着替えて、アンニュイな様子の凪の態度に「喧嘩したの?」と訊ねるが凪ははぐらかし、帰れという始末。怒った幸は、凪の上に飛び乗り、腕関節技を決め、「吐けぇ~!」とせがむ。この時、少しだけパンツラというサービスカット。扉絵と共に拝ませていただきました。本当にありがとうございます(でも無駄にエロくないのが吉河氏の特長)
女の子、況してや中学3年生の妹に本気で反攻する気のない凪はギブアップし、事の次第を告げるが、幸はよく解らないと一蹴。そんな凪の懊悩を「そんなことより」呼ばわりした幸は、手作りのなんだか解らないカップケーキ()をエリカに献上するため持参。毒味をしたのか、エリカに何かがあったら天野会長が黙ってないぞ?と冗談交じりに脅す凪。毒味をさせられた凪はわざと床に倒れ、愕然とする幸に「うまい」の一言。お約束の痛烈な制裁。幸が帰った後、夜遅く帰宅したエリカ。凪特製のトンカツの相伴に預かりながら、凪の覚悟を聞き、爆笑して「そこまで考えてくれるとは思わなかった」と重く受け止めている凪をきょとんとさせてしまう。その夜、幸は荷物を纏めて仮寓のアパートを出るという。慌てふためく海野両親に、幸は「凪とエリカの住む家に行く」と宣言。ここに第1話の扉絵で示された3ヒロインそろい踏み。都督許婚恋域諸軍事としての吉河美希氏の采配の真価が問われることとなった。

取り分け、今回は幸のサービスカットが2点あったと言うことだ。扉絵と、凪に腕関節技を決める場面。長らく幸の参戦を待ち侘びていたカッコウ読者からすれば、ここからが本スタートと云うことになるだろう。
初対面から友好度爆上げの実の姉妹。幸が『天海亭(天野・海野亭)』に移住することによって、凪を廻る姉妹闘争の勃発……は、もっと話や構成の深化が求められる。だが、吉河公にはその技量がある。私はそう信じている。

カッコウの許嫁・非公式LINEオープンチャット(雑誌現行連載派)

https://line.me/ti/g2/2nx9sLMAa6NSj2k19jspUw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

よろしくお願いします。

彼女、お借りします / 宮島礼吏

従二品・持節・驃騎大将軍・大中正・員外戀愛尚書令・寧倫中郎将・戀州刺史

評価★★★★★

第140話「願い事と彼女②」

ルカに日焼け止めクリームを塗布するだけで1話消費とか、おいおいOC皇帝宮島陛下、それはいくら何でも……って、まあどうでも良いか。
負けヒロインに1話を丸々裂くとは、ずいぶんな余裕ですなあ。

カノジョと彼女 / ヒロユキ

従四品下・北中郎将・玄武侍郎・御史戀愛内記

評価★★★

第12話「彼女と彼女」

ヒロユキ氏流の凡てを呑み込む濁流的な展開に唖然とするものがあるが、それがヒロユキ氏の良いところだ。しかし、週間畑でモチベーションが保たれるかどうかの不安のみぞかし。

ドメスティックな彼女 / 流石 景

従六品下・前美人・後宮司厨(降格)

評価

第273話「大好き」

橘瑠衣私が(・・)、幸せになれない」
藤井夏生「せやな……」

全身不随というハンディを背負わされた陽菜に対する2人の会話。2人で陽菜を支えたいと言いながら、ルイはナツオに陽菜の傍にいてくれとそそくさと逃亡。
あれ?あれれれ?? という疑問も受け付けないまま、時間は一気に5年後に飛ぶ。

読者・鷹岑「どれどれ、ナツオは出家して贖罪の旅でもしているのかのう?」

ページを開くと、娘っ子を迎えに来たクズオがいけしゃあしゃあと幸せの家庭環境を見せつける始末(怒)

鷹岑「おいおいナツオ君。貴様殿に、人並の幸福を享けてもいいとお思いか? 世の中舐めてんじゃあらしゃいませぬかの?」

ナツオ「えー? でもさー、実際に陽菜には一生支えるって誓ったしぃ? ルイは結婚しないって事で責任取るって言うしぃ、もういんじゃね?」

陽菜……こんなクズ共は棄てて、二次元でもいい。俺の所にこい。俺が君を生涯支える(物理的な意味で)


今週号を読んで面白かったものを、5つ選んでください。
① 化物語
② 男子高校生を養いたいお姉さんの話
③ それでも歩は寄せてくる
④ カノジョも彼女
⑤ カッコウの許嫁
前問で選んだ中で一番面白かったものを1つ選んでください。
カッコウの許嫁
読んでいないものを1つ選んでください。
巻頭グラビア 齋藤飛鳥 乃木坂46
これがあったから今週号の週刊少年マガジンを買った(今週号の購入動機となった)漫画・グラビアを1つ選んでください。
カッコウの許嫁
グラビアはまた見たいか
いいえ
満足度
満足
その他・意見
「ドメスティックな彼女」さてさて、丸坊主となった夏生が僧体菅笠姿で旅にでも出る描写から始まるかと思ったら、ドッコイドッコイ、なんと愕くかな、ルイは「私、幸せになれない」と抜かしおり、夏生は反省そこそこに2人で陽菜を支えるからなどと全くもってクソなことを抜かし、いきなり5年後。出家どころか娘肩に担いで幸せムンムンとか、舐めんとんのかお前ら?とばかりな展開、本当にありがとうございます。最終回、こんどこそ本当に夏生が陽菜のためを思うならば出家遁世し、高野山において過酷な修行人生に障害を捧げんとするフェイドアウトを切に希望しますぞ?
カッコウの許嫁、ようやく妹ちゃんが恋域出陣で面白くなってきましたね。マガジンラブコメ陣・最後の宿将吉河公に俄然、期待がかかりまする。