エコカー
エコカー

更新情報も兼ねた、徒然日記

鷹嶺創書院・東院は「正面玄関」にブックマークを付けてください。それ以外に付けると弾かれます。

カテゴリ:アニメ・漫画雑記 > 流石景氏作品


破局に心停める透流と情を捨て決断出来ぬ弱さ けじめは何時の時代でも非情に徹するもの ~宋襄の仁、透流を冷徹に切捨てられぬ雪の弱さ ▼氷室結仁の実家が経営するスナックのホステス達に勇気づけられた雪は、執拗に復縁を迫る透流に苦慮していた。精神耗弱状態の雪を心配 ...


煮え切らぬ雪の答えに昏迷する元彼の思念 座して死を待てぬ、雨宮透流の敗亡 雨垂れ石を穿つ、“不動”こそ逆転の勝機を逸す 雪は透流に電話をし、以前のような関係に帰すことは出来ないと告げる。歯切れの悪い回答だったが、精神的耗弱の雪を聖志は改めて気遣う。透流への ...


 スポ根ラブコメの醍醐味、リバイバル 今は旧き良き時代の恋愛譚~河野×瑛理 ▼浪丘と港南の試合。恋人となった瑛理の応援によって河野も奮戦するが、あと一歩のところで惜敗する。自らを責める河野に、瑛理は涙を流しながら励ます。 その姿を見ていた雪は、答えから逃げ ...


内海聖志、互いに答えを待つのみ 回帰への道を模索する小休止 ▼晶との関係を傷の舐め合いと断じた聖志は、動揺する晶に宥められてその場を引く。雪の答えをただ待つしか出来ない聖志のもとに、河野から野球部が1回戦を突破したとの朗報が届けられる。聖志は気分転換のため ...


気付かされた認めたくない真実と非常なる岐路 優遊敦厚の赤心、哀しく泡 沫の晶々と帰す 雪の決断を待つ聖志、苦渋の真実を前に幻想の関係にけじめ 雪を巡る真実。聖志はそれでも彼女を支えられない現状に懊悩する。 恋人の晶とあっても心ここにあらず。そして、晶から健 ...


過去を告げる雨宮透流、ボールを持たされた雪の答え もどかしき聖志の立場、昏迷する雪の真意 ■雨宮透流が告白した雪との過去は、まさしく互いの誤解が尾を引いたものであった。トオルから復縁を迫られ、更に昏迷する雪。縋るような眼差しを聖志に向け、雪は自宅へと帰る。 ...


静かに回帰する深き絆、覚悟を決める過去との邂逅 雨宮透流との因果に岐路を見出す枢要 ■雪の元へ駆けつけた聖志だったが、雪は聖志の優しさを悲愴な思いで拒絶する。 晶への想いに苛む聖志だったが、全てを白紙にしようという雪の言葉を納得出来ない聖志は、ついに雪を ...


内海聖志・池谷晶、被覆した本心を自ら暴く 斜陽の恋愛蜜月時代、本意回帰へ向かう暗澹 逃避しては取り返しがつかぬ過去の因縁、立ち向かうべき峭絶なる心壁 莉子から雪の因縁の元彼・透流が実兄だと聞いた聖志は衝撃を受ける。雪 のために、透流に所在は言わないで欲しい ...


雪・晶、其々の心底に連綿と流れる未練、顕在化す 遠離せし偽りの蜜月と、偽りの白紙の摂理 晶への未練を切々と語る健人に、晶は罪悪感があるなら、全部忘れて良いと語り去る。一方、“白紙”に戻った聖志と雪だが、ぎこちない空気は否めなかった。 学校見学を約束してい ...


池谷晶、沢田健人への思念吐露の誠意 ――――雨宮莉子・湯浅芽生の建言に傾聴 健人が事故を起こし入院した日が自分に追い払われた日だと聞いた晶は、 居た堪れない気持ちになる。健人への残念を心配する聖志は、アルバイト先でも浮かない顔をしていた。そこへ芽生と莉子が ...

このページのトップヘ