エコカー
エコカー

更新情報も兼ねた、徒然日記。アフィは一切ない、完全自己満足のブログ

新年あけましておめでとうございます。本年も鷹嶺創書院を宜しくお願いします

カテゴリ: 別当公記


別冊少年マガジン 2018年第2号の感想と考察記事 アリシアさんのダイエットクエスト 藤原あおい アンケート投票対象作品/一番面白かった作品 ライアンじゃなくても、「俺、勇者辞めるわ」てなるよなそりゃw 「倒れるだけで腹筋ワンダー~~」に大爆笑。さり気なく、 ...


週刊少年マガジン・2018年第6号(年始第1号)の感想並びに考察記事 五連β星、機転を以て風太郎を扶け、好感信頼値のボーダーラインをクリアせしめ  三浦介糀、師弟ラブコメを能く描かんと欲するも肝心肝文を逸し、読者の末端鷹岑が諫言上疏に及ぶこと 五等分の花嫁 春場 ...


週刊スピリッツ、同ヤングマガジン 2018年第6号 感想及び考察 ジャガーン 金城宗幸/にしだけんすけ 第40話「ぬるい」 国会前デモや沖縄の反基地運動などを直接的に皮肉っているわけではないんだろうが、散春のやろうとしていることは全面的におかしいと思えない、 ...


週刊少年マガジン・2017年最終号(2018年4・5合併号)の感想・考察 三浦介糀(みうらのすけこうじ)、満を持し出撃するも突出したサービスカットとライバルキャラを終盤に出し急ぎ主人公の肉付けに間に合わず  八畳公、楽神に近きハイテンションの維持・読者疎通に暗雲を漂 ...


週刊スピリッツ、同ヤングマガジン 2017年最終号(2018年4・5合併号)の感想 猫のお寺の知恩さん オジロマコト 第54回「猫とコタツと知恩さん」 別天地・炬燵をテーマとしたマッタリ系。はしゃぐ知恩に源。脚でふざけ合っているうちに源の脚が知恩の胸に触れてミカンを ...


悲しみのクリスマス 作詞:鷹岑 昊 参考楽曲:メリークリスマスが言えない(稲垣潤一) 凍える夜にきらめくシリウスの光は いつか傷を癒すだろう 街を飾るイルミネーション 涙ににじんだ夜も やがて想い出に変わるだろう あの日望んでいた安いリング もう手渡せないのさ ...


週刊少年マガジン 2018年2・3合併号 感想並びに考察記事 糀先生、満を持して年末発売号に胸中成竹の師弟恋愛ものを引っ提げ、寒波の年の瀬に暖機運転を始め  久遠、十字軍(クルセイダーズ)終演の後軍として連載を終え、紫魔女、青の抛磚引玉に対し混水摸魚の計を仕掛け反 ...


別冊少年マガジン 2018年第1号の感想並びに考察 あかまつ 作井ルビ ゆるふわ系の新連載。舞台は福島県会津若松市。地元の郷土玩具で名産品の「赤べこ」が実際の生き物として存在するというファンタジー。同い年で再従姉妹の千代子とあおいと、生きる赤べこ「あかまつ」が織 ...


週刊スピリッツ・同ヤングマガジン並びに週刊少年マガジン各新年第1号の感想並びに考察 ジャガーン、滝沢市産業文化センターアピオの事件について遠回しに本質を突き  早乙女選手、主人公の相関関係の核心部に触れ物語の大きな画期点を迎える 週刊スピリッツは基本的に早乙 ...


週刊少年マガジン 2017年最終号の感想及び考察 中野家当主、上杉風太郎を問鼎し、五月の怨恨拒絶に逼迫するも易経曰く窮すれば通ずる道を探り  桂しるし、詭道以て残兵を極北へ誘いて二指を堙滅せしめ、終焉の道を拓く 風夏 瀬尾王子 第180回「復活!」 巻頭カラー ...

このページのトップヘ