更新情報も兼ねた、徒然日記。アフィは一切ない、完全自己満足のブログ

2000年から続くブログサイト。20年の時を経て、変わるもの、変わらないものを紡ぐ、オッサンのブログ

タグ:ゼシカ


第4話 竜神郷への誘い ■ドラゴンクエストⅧ~空と海と大地と呪われし姫君~オリジナル小説・Precious feel、数年ぶりに連載再開。第4話掲載しました。 数年越しに続編を期待してくれていた方がいらっしゃるとするならば本当にお待たせ致しました。お待ちいただき有 ...


第4話 竜神郷への誘い 近日掲載! 数年ぶりの本格創作活動再開につき、DQ8、DQ5、FE紋章など長期連載中断中の作品の続編執筆、恒久的本格復帰へ。 原点に立ち返って小説執筆に勤しみます。数年待ちの方を始めとした各小説の読者の皆様、よろしくお願い致します。 ...


草稿・・・詩人の創造を超える天然の橋梁。峙つ嶮峻な岩壁を両側に、リヴルアーチはその直下、1万ウィールの海溝に続く海の谷と、空を突き刺すばかりの剣山のただ中に営む、石工の街だ。苛酷と優雅という水油が実に調和する独特な空気。人は一途に石工に魂を費やすかと思え ...


DQ8小説のイメージボイス草案の改訂。<芋屋先生:忘れていたわけではございませんぞ(⇒言い訳)。主ゼシメイン故、ゲルダまで出してしまえば、途轍もなく寄り道長丁場になりそうな気配ゆえに(笑)時にゼシカ=川澄ボイスは、鷹嶺、やっぱりゼシカは川澄ボイスなんだすねー ...


今朝出勤前に少しだけ観たBS-hiの大リーグ・ヤンキースの試合で、芝生に落ちていたゴミまでくっきり見えた映像にビックリする。私的テレビブームはしばらく続きそうな気配?PS2も一度繋いでみたいから、「D端子ケーブル」を注文する。大画面で迫力ある「ゼシカの胸」を観てみ ...


DQ8鷹嶺版SSの原点、呪われしボン……ドラクエ8の創作小説を模索している中で、鷹嶺的に決定打となったイベント。それは創作ネタとカップリング、主人公×ゼシカが同時確立した瞬間であったと言える。言わずもがな、石工の街リブルアーチのイベントである。それは言葉なき主 ...


月の神子、遣唐使船トロデーン城を覆っている荊。ゼシカは城門の荊を焼き払った。全てじゃなくても、一部ずつ焼き払ってくれれば、城内のショートカットは楽に出来たんじゃないかと突っ込んでみる。君だったらそれくらいお茶の子さいさいだろう(笑)それはともかく、ゼシカ ...


ゼシカ(・・・助けて――――エイト――――!)とりあえいずこんな台詞書いて見たる。七賢家の家系図書いてみたいなあ・・・。平維盛の子孫と源頼朝の子孫は根絶やしにされてます。名場面は整理中。 ...


モリーとドラクエ各世界素晴らしすぎます、この人は。……と、思わず黄色い声を上げてしまいそうな御仁が、言わずと知れた、モンスター・バトルロードの主宰者、モリー。タカミネは当初、ここの建物が何なのか解らないまま、ラスボスまで引っ張ってしまった経緯がある。まさ ...


賢主トロデと、不撓の傑士ククールさすがは馬姫の父よとばかり。人臣に慕われる麗姫、その娘を目に入れても痛くないほど可愛がる父親に悪人はなし。いやはや、それどころかこのトロデ王、故国を遍く善政を敷き詰めた賢主であろう事はもはや私が語るまでもなかった。ヤンガス ...

このページのトップヘ