更新情報も兼ねた、徒然日記。アフィは一切ない、完全自己満足のブログ

2000年から続くブログサイト。20年の時を経て、変わるもの、変わらないものを紡ぐ、オッサンのブログ

タグ:ヘタレ


非露出の最後のキャラクタ、遂に裸となる 全女性キャラ、終に裸を晒し良心瓦解 枝葉柚希との喧嘩は詮無き仕儀 紫歩の着替えの場にいた青大に、兄から聞いていた青大像を重ねて誤解す る真菜。そこで料理人の道を目指すことを聞いた真菜は、旨くてリーズナブルの店があると ...


“あきそら”の糸杉氏、恋愛の暗部に焦点を当ててパワーアップ 優しき堕落、愛しき蒲柳の情炎に挑む糸杉流 ◇うわこい 第1集 評価★★★★★ 姉弟の禁断の恋愛情景を描き、都条例改正の俎上に上がり物議を醸した「あきそら」の糸杉氏の最新作として刊行される。 前作 ...


相変わらずの突拍子展開に啞然とす 加賀月、 安 全地帯なく、横恋慕だけが目立ち心証凋落す 山口に住む従兄妹の結婚式に出席するために帰省していた青大は、月も父親が倒れたと聞き帰ってきていることに驚く。庭先で一人たたずむ月と話す青大は、月 からこれを契機に大学 ...


(閲覧者一同に拝礼) 夏越 美奈(東京高校編・准レギュラー)「今週もおなじみの顔でーす!」 浅倉 清美(東京編准レギュラー)「‥‥(・_・)(._.)」 天城 紫歩(七塚ヶ原SAレストラン厨房バイト)「ん? どしたん、浅倉さん」 浅倉「えーっと、あの仕切っているおっさ ...


拙速に逸った明日香との交際、焼け棒杭に残す火種 恋愛ではなく、風間恭輔との節義によって繋がった関係 瀬尾氏が東京編に舞台を移したのは、単純に取材等のやりやすさと、件のように連載を複数抱えているという諸事情がある。同郷の小林俊彦氏(ぱすてる)のよ うに、 ...


ネット投票、順調に進んでおります。ありがとうございます。あなたの「苦手な」キャラクタアンケートも設置いたしました。他の投票同様、是非ご参加下さい。一定票が集まりましたらば、責任をもって瀬尾に伝達致します。不謹慎ではない厳しいコメント大歓迎です(^_^.) さて ...


基幹に無意味な青大の杞憂、本編話数を蛇足とす 話に水差す青 大の懸 念、蛇足が転じて馬脚を露わ す 第132話は、鷹岑としては君町評価としては初めての★1である。 理由はまず話が進んでいないことと、全体的な流れとしては非常に緊迫感があるはずなのに、この期に及ん ...


麻と乱れし瀬尾流ラブコメ、漸く相関収束の端緒を顕す 尊に触れ し清美の心、氷解し君 町帰結の嚆矢となる 第131話は、久しぶりの登場である浅倉清美。しばらくお役御免的な立場であり、鷹岑的には柚希帰結派に属し、御島明日香との破局に際して重要な役回りを 演じるであ ...


4月15日に発売される、君のいる町・第13巻の鷹岑が投稿するカスタマレビューを起草しました。★の評価は前巻同様、5……と、言いたいところなんですが、今回は★3です。第13巻は第115話~第124話が収録されるようですが、他のレビュアーのように感情論には奔らず、個別の話 ...


“8・9事変”は急転直下、広島編へ。帰趨への道標となるか 墓穴を招く旅 行延期、大計逾(いよいよ)功して柚希を救う 御島明日香 … 巧遅は拙速に如かず。大愚なる選択、懍の大計 柚希を大いに救う 穿った見方をすれば、明日香が旅行をドタキャンするという大愚を冒し ...

このページのトップヘ