更新情報も兼ねた、徒然日記。アフィは一切ない、完全自己満足のブログ

2000年から続くブログサイト。20年の時を経て、変わるもの、変わらないものを紡ぐ、オッサンのブログ

タグ:無双6


三國無双6創作小説「蜀漢残思」補足設定その15 拓跋沙漠 ~ 北魏の遠祖、魏晋両室に出仕し、漢文化の薫 陶を良く享ける 【たくばつ・シャマク】 鮮卑拓跋部の酋長・拓跋力微(リキミ)の子。蜀漢の末年に魏朝廷に入朝し、司馬昭らに気に入られ、晋興隆後も引き続き ...


鷹岑家文書をいつもご覧頂きありがとうございます。さて、当文書で連載されていた、真・三國無双6の小説「蜀漢残思」ですが、鷹嶺創書院・東院の方で本格連載を開始しています。そのために当文書での連載は終了しました。検索において、「無双6 小説 ○○話」というフレ ...


鷹嶺創書院・東院版 真・三國無双6小説 蜀漢殘思 第十二話 抽出 東院にて連載されている、無双6の小説・蜀漢残思の第12話抽出部分です。 本掲載は改めてお知らせ致します。 おかげさまで何とかひっそりと好評連載中です。なにとぞよろしくお願い致します。  劉禅が語 ...


「鷹嶺創書院・東院」の更新報告です。 真・三國無双6 鷹嶺創書院・東院オリジナル小説 蜀漢残思 第十一話 永安より旧臣能く洛陽に到来し 劉禅と遇い亡国の怨嗟を告ぐ 大変長らくお待たせ致しました。真・三國無双6の鷹岑流オリジナル小説の続編を掲載致しました ...


蜀漢残思の基本イメージです。 中世の詩人・楊愼が記した、三国志の漢詩の一節。 鷹岑独自の和訳。間違っていたらゴメンなさいね。 滾滾長江東逝水 (滾々と東へ、東へと流れる長江の水) 浪花淘尽英雄  (その波は英雄たちを呑み尽くす) 是非成敗転頭空 (人の争いの ...


三國無双6創作小説「蜀漢残思」補足設定その14 羊徽瑜  ~晋景帝司馬師の後室、能く天命を見定め司馬炎を皇帝に推す 羊衜(ようどう)の娘で、羊祜の同母姉。母親は蔡文姫の姉妹。ご存じでしょうが、真・三國無双6では無双武将として初参戦し、女子層の人気も高い ...


三國無双6創作小説「蜀漢残思」補足設定その13 呼延琇  ~劉淵の非凡さを見抜いた北方の楽士、天命の儚世を謡う 蜀漢残思のオリジナル人物です。“こえんしゅう”と読みます。字は穹琯。 呼延翼の庶長子で、呼延攸の年の離れた兄にあたります。 幼い頃から家から離れ ...


三國無双6創作小説「蜀漢残思」補足設定その12 王 恂  ~王元姫の実弟。姉をよく支え、時に諫言。劉禅を遠ざけるよう進言す 字を良夫。と言っても「よしお君」とは読みません(笑) 王粛の子で王元姫の実弟です。司馬昭の晋王陞進に伴って、河南尹(今で言う東京都 ...


三國無双6創作小説「蜀漢残思」補足設定その11 楊 艶  ~司馬炎の伴侶、親しく星彩に接しその烈女に憧憬す 司馬懿からも懇意にされていた楊炳の娘で、司馬炎の幼なじみ。 司馬昭と王元姫の関係のように、幼い頃から司馬炎の伴侶として期待を受けてきた。だが、大人 ...


三國無双6創作小説「蜀漢残思」補足設定その10 司馬攸  ~昭・元姫の次子、元姫が信頼する劉禅からも晋帝へと教唆され転落の一途 徳 川家光と忠長兄弟のようなもので、兄の素行不良に較べて弟は恭謙篤実。司馬昭はというと、自分によく似てなかなか本気を見せない司 ...

このページのトップヘ