更新情報も兼ねた、徒然日記。アフィは一切ない、完全自己満足のブログ

2000年から続くブログサイト。20年の時を経て、変わるもの、変わらないものを紡ぐ、オッサンのブログ

タグ:神木遥


鷹岑家文書での考察は終了、後は有志へ 宮野宗太編、尻切れ蜻蛉の終了へ 突然、見知らぬキャラクタが扉絵を飾っていたので驚いたが、第1~3ページで宮野宗太・奥山楓、黒河龍也・神木遥、須藤雅人・西倉琴音という組み合わせで 終結したという旨が示されているが、正直、 ...


急転直下の終結へ、活かしきれなかった壮 大な世界観 ――――連載枠の範疇で安全策を撰んだ落合氏 お守りの中に入っていた楓の手紙を読み、心の中に楓の存在があったことに気付いた宗太は、楓にプロポーズをする決意をする。遥は黒河龍也との帰結を決め、 須藤は激励し ...


竹丸・ごん両氏への返信その2です。▼ハッピープロジェクト終演が近づくこと自体は構わないのですが、竹丸さんの言うように、誰もが予想に聞こえる終わり方では庸愚というものでしょう。私は一応、単行本は買いましたが、本屋では平積みはされず、入荷数はほんの数冊でしたか ...


当てつけがましいメインヒロイン 中庸の「楓」か、英断の「遥」か ――――宗太が誇る誠温行意、自らに向けたその銓択は何処か 遥から「さよなら」を告げられた宗太は一連の流れが黒河龍也の策謀と知 り、遥も楓も信じられなくなる。楓に対して疑心を抱いた宗太に、「疑わ ...


自らを忌諱し、袋小路を招いた誠温行意 ――――なおも宗太を試す神木遥、自らに向けるべき信念 宗太を廻り言い合いをする遥と楓。遥は宗太を弄んでいるのは楓であり、 自分の方が宗太を想っていると吐き捨てる。楓の告白を余計なことだと口走る宗太、遥の前で楓とのキス ...


心体定まらぬ宗太。伝家の宝刀、今は時期 尚早 第22話「死角からの告白」考察 暗闘が続く六丈島組。琴音に促されて遥との関係構築を促される宗太。洗 濯室で女性ものの下着を見つけた宗太は狼狽する。そこへ遥が現れ慌てて物陰に隠れる。遥が出て行きかけたところへ楓が姿 ...


宮野宗太、怯み翳る自己真意 ――――2ヒロインの板挟みに遭い、真意を逃避する 楓来島から二日目、ボランティアの弁当を誂える楓に懸想する須藤。一 方、ボランティアに同伴していた宗太と遥。宗太は遥のためにと、楓に協力してもらって作ったという弁当を差し出す。笑顔 ...


黒河の大権、楓招喚の裏にある世論誘導 ――――満を持した幼なじみ投入、真価を問われる宗太自身の想い 転封した君島紗英に代わり六丈島に編入したのは、宗太の幼なじみ・奥山 楓。須藤とも前組で一緒であったという因縁。既存のメンバーともすぐに打ち解ける楓。一方で ...


紗英、幸運を標榜し脱盟を成し、宗太、試される誠温行意 ――――意表を突く西倉琴音残留と落合氏の英断 黒河龍也の影響によって歪曲されたハピプロのルールが正常化したもの の、遥は宗太にまだプロポーズ申請をしないで欲しいと言う。本当に自分が好きなのか不安だという ...

このページのトップヘ